ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

社員紹介

お客様の「買って良かった」を目指して 銀座店 紳士MD課バイヤー(紳士服飾雑貨担当)黒岩真一

志望動機 百貨店で働くということを垣間見た面接試験

人と話をすること、そして洋服を中心にモノが好きだったことから、百貨店で接客の仕事がしたいなと漠然と考えていました。百貨店は、紳士服もあれば、食品やリビング用品もあり、あらゆる商品を網羅できることも魅力でした。

そして就職試験の最中、松屋で働きたいと思った出来事がありました。オープンセミナーで一回会っただけの学生の私たちの名前を、人事担当者が覚えていたのです。百貨店の接客というのはこういうことなのだ、と感動した瞬間です。その後も、何かと気遣いをしてくれ、風通しが良いという印象もありました。

実際に就職してみてもその印象は変わりません。同僚と仲が良いのはもちろんですが、先輩とも身近にいろいろな話ができる雰囲気があります。先輩方は、若手の私には、厳しく、かつ温かく接してくれます。紳士の担当は、特に専門知識が必要とされるのですが、先輩バイヤーの知識量、情報量はそばで見ていて驚くほどです。あんな風になれるのはいつのことだろうかと思いますが、そうしたロールモデルが身近にいてくれることも、仕事への励みになっています。

私の仕事 一から催事を構成し独自の品揃えをする

紳士靴・用品・靴下・鞄担当のバイヤーとなり、今年で2年目を迎えます。バイヤーの中でも年次としては若い方なのですが、入社以来ずっと紳士畑を歩んでおり、先輩のもとでたくさんの現場を共有し、経験を積むことができました。ですから、紳士アイテムの商品知識に関しては誰にも負けないぞ、という自負はあります。そしてそんな意気込みを持った私を、年次に関わらずバイヤーとして任命してくれたのは、チャレンジ精神に溢れる松屋らしさだと感じています。

バイヤーと言っても仕事は多岐にわたります。展示会を回り、お取引先と商談をして、といういわゆるバイヤーらしいものだけでなく、クリスマスやバレンタインといったギフトシーズンには、店内の品揃えに加え、職人さんに来ていただいて革小物の実演販売をしてもらうといった企画も担当しています。
特に年2回開催している催事「レザークラフトマンワールド」は、世界からも注目されている日本の革工芸職人の技術が結集した品々を集め、職人さんら自らがお客様にご説明をするという、松屋ならではの人気催事です。参加していただくお取引先を自身で開拓して、一から催事を構成するというのは、バイヤーとしての仕事の醍醐味ではないでしょうか。毎回お客様から好評をいただいていますが、新しいエッセンスを加えつつ、お客様がいつご来店されても楽しい、ワクワクする、また行きたいと思っていただける場を作りたいと思っています。

仕事のやりがい 実感を持ってお勧めしたものがお客様の喜びになる

松屋にお越しになるお客様は、ご自身の審美眼を持ったこだわりのある方ばかりです。そうしたお客様の目にかなう商品を揃えるために、商品知識を持ち、実際にモノに触れ、その良さを実感することを大切にしています。

入社して2年目くらいでしたが、先輩から「ホンモノを身につけて自分で感じることが大切」と言われたことがあります。そこで意を決して数万円もする紳士靴を買ってみたのですが、痛くて一日履いていられない。最初は「こんなに高かったのに!」と思ったのですが、老舗メーカーのその革靴は、実は履き込むほどに自分の足になじんでいく。今では、裸足で履いてもフィットする一生ものになりました。そういう実体験があるからこそ、お客様に自分の言葉で良さをお伝えできるのだと分かりました。

また、バイヤーになって半年ほど経過したとき、長くお付き合いのある職人さんに依頼をして、日本でなめしたコードバン素材を使用した革小物をオリジナル商品として、初めて製作していただきました。職人さんが持つ技術に、自身のエッセンスを加えた商品が完成。それを店頭に並べ、お客様に対して商品の魅力や職人さんの想いを自分の言葉でお伝えし、喜んで購入してくださる瞬間。何ものにも代え難い嬉しさを感じました。

これから一緒に働くみなさんへ つながりを育むことができる職場です

バイヤーの仕事は、お客様に「買って良かった」と思っていただけるものを探すことだと思います。そのため、松屋ではバイヤーもよく売場に立ち接客にあたります。それは数字だけでは見えないことも少なくないから。実際、お客様と直に接することで、感じることや学ぶことがたくさんあります。

それらを踏まえてバイイングした商品は、その良さがお客様にご納得いただけるようにきちんと伝えていかなくてはいけません。お客様だけでなく、実際に売り上げを作ってくれる販売の担当者にも。さらにはお客様の声を職人さんに伝えてより良い形で商品化していくという仕事もあります。バイヤーにとっても、人とのつながりがとても大切なのです。そういうコミュニケーションを楽しみ、妥協しない人には、刺激的で成長できる場所だと思います。私もまだ「若手」です。一緒に「カリスマバイヤー」を目指していきましょう!

6months Schedule「レザークラフトマンワールド」開催にむけた半年のスケジュール

4月
レザークラフトマンワールド開催
5月
4月開催分の反省などを踏まえ、次回に向けた取引先との打ち合わせ
新規取引先の開拓
次回テーマの確定
6月
取引先への発信
テーマに基づいた商品依頼
7月
商品の打ち合わせ
宣伝媒体撮影
8月
宣伝媒体校正
取引先と図面、商品内容打ち合わせ
取引先との商談に基づき、関連部署と図面の打ち合わせ
9月
レザークラフトマンワールド開催
  • 銀座店 販売促進チーム 亀井将幸
  • 仕事を知る トップ

2018年度 新卒採用エントリーはこちらから

COMING SOON

マイページはこちらから

My Page Login


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る