ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

第748回デザインギャラリー1953企画展 産地との新しい関わり方 AMCC旭川木工コミュニティキャンプの10年

7階 デザインギャラリー1953
2018年9月11日(火)-10月8日(祝・月)<最終日17:00閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、第748回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「産地との新しい関わり方 AMCC旭川木工コミュニティキャンプの10年」を開催いたします。
北海道旭川市は、木工産業が盛んな地域です。大小さまざまな木工所が多種多様な商品を生産しています。その木工が盛んな旭川に、今から遡ること十年前、「旭川木工コミュニティキャンプ(AMCC)」というプロジェクトが立ち上がりました。
楽しく交流しながら「ものづくり」を行う、という緩やかな組織・AMCCでは、「つくる人」「かんがえる人」「うる人」「つたえる人」「つかう人」など、ものづくりを実際に進める際に必要な役割をそれぞれに持ったさまざまなメンバーが集い、木工所の見学、デザイナーと木工職人との交流、自然との触れ合いと自然への理解、などを通じ実商品の可能性を追求し続けてきました。
本展では、このAMCCの活動の十年を振り返り、そこで実践された活動の成果を写真や動画、実際の木工製品などを編集してご紹介いたします。

JAPAN DESIGN COMMITTEE

●主催
日本デザインコミッティー

●協賛
旭川木工コミュニティキャンプ実行委員会

●監修
AMCCアーカイブ編集委員

●展覧会担当
川上元美

旭川木工産地の活動が面白い。旭川の若い作り手たちを中心に、東京をはじめ全国から「つくる人」「かんがえる人」「うる人」「つたえる人」「つかう人」が繋がり、全てパラレルに自主運営されるプロジェクトが10年の節目を迎えた。毎年、100人を超えるメンバーがコテージで寝食を共にしてワークショップや様々な体験を通じて、本音で交流する新しいムーブメントの記録である。(展覧会担当:川上元美)

●デザインサロントーク
会期中、関係者によるデザインサロントークを展開の予定。

詳しくはこちら

展覧会期間中、AMCCをきっかけに生まれた商品各種をデザインギャラリーで販売いたします。
また、展示に連動して、AMCCを支えてきた旭川地域のつくり手による商品をデザインギャラリーに隣接するイベントスペースにて、ポップアップショップ形式で販売いたします。
期間:9月12日(水)-9月25日(火)

続きを読む

石川珂旦 美の世界展

7階 遊びのギャラリー
2018年9月19日(水)-9月25日(火)<最終日17:00閉場>

革新的な造形で独自の世界を築く、石川珂旦(いしかわ かたん)。
もともと立体造形からその創作をスタートし、卓越した造形センスでジュエリーをメインに作品を発表し、従来美術品として認知されることの少なかったジュエリーを素材として、美術館や美術画廊での発表を重ね、国内外で注目を浴びています。最近では抽象や具象の絵画作品、彫刻や陶芸の立体造形作品にまでその創作活動の幅をひろげています。
今展では新作を中心とした100余点を展示いたします。どうぞご期待ください。

【石川珂旦 プロフィール】

  • 1949年 東京生まれ
  • 1972年 立教大学卒
  • 1989年 東京・渋谷 ギャラリードリームコレクションにて初個展(1995年まで毎年新作展開催 以降1998年まで隔年開催)
  • 1996年 東京・銀座 ギャラリー珂旦 exhibition 新作展展開
  • 2000年 アメリカ・サンフランシスコ Gallery Piazza にて展覧会開催
  • 2001年 神奈川・横浜 岩崎ミュージアムにて展覧会開催 以後毎年開催
  • 2004年 東京・銀座 松屋銀座7階アートスポットにて個展開催
  • 2005年-2009年 松屋銀座美術サロンにて個展開催
  • 2010年 松屋銀座7階美術画廊にて個展開催
  • 2011年 松屋銀座8階イベントスクエアにて個展開催
  • その他 日本各地のデパート、美術画廊、アートギャラリーにて毎年度展覧会開催

続きを読む

真砂三千代 秋衣展

7階 和の座ステージ
2018年9月19日(水)-9月25日(火)<最終日19:00閉場>

1枚の布を纏う(まとう)ことにアジアの衣の原点を見つめるデザイナー・真砂三千代の秋の衣をご紹介いたします。今回は個性豊かな布で作ったジャケットやチュニックコートなど、これからの季節を楽しむアイテムが登場。秋冬の装いをどうぞお楽しみください。

  • ウールヒゲ ワインハイネックフレアーコート 110,160円
  • ※表示価格はすべて税込です。

絲合わせ・布合わせ MAKI TEXTILE STUDIO 2018 秋

7階 遊びのギャラリー
2018年9月26日(水)-10月9日(火)<最終日17:00閉場>

毎秋春、作品をご紹介している『真木テキスタイルスタジオ』から、秋を感じさせる新作が届きました。
『長かった雨季も終わり、緑あふれるganga maki 工房。
青空のもと、糸をつくり、草木で染め、織り、仕上げの日々です。
家蚕の糸繰りに加え、今年はムガシルクの座繰りや、芭蕉の糸績みにも挑戦。
今年は木藍もよく育ち、藍の糸染めの日々がつづいています。
様々な素材の可能性を感じながら、ものづくりに励んでいます。』

【MAKI TEXTILE STUDIO 真木テキスタイルスタジオ】
テキスタイルデザイナー 真木千秋が主宰するテキスタイル(手織物)スタジオ。東京は西のはずれ、あきる野市にアトリエや工房、ショップを構える。インドの様々なシルクや、ヒマラヤ山麓で紡がれるウールなどを使い、手織りものを現地の職人たちと共に作り上げ、それらの布を日本のギャラリーで直接紹介している。

クレッシェンド・ヨネザワ ~米沢織 髙橋明義の世界~

7階 和の座ステージ
2018年10月10日(水)-10月16日(火)<最終日19:00閉場>

絹織物の町・米沢に生まれ、吾妻山の麓の小さな工場で73年間、織物一筋の人生を歩み続けられ、本年90歳の職人・髙橋明義さんが織り上げる、繊細で洗練された風合いのシルクストールをご紹介いたします。海外の美術館からも評価される、その仕事の数々をぜひ会場でご覧ください。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る