ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

第760回デザインギャラリー1953企画展「POSIT もしもを置く たとえばを収める」 三澤 遥のデザイン

7階 デザインギャラリー1953
2019年11月8日(金)-12月1日(日)<最終日17:00閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、デザイナー・三澤遥の仕事を紹介する展覧会企画を開催いたします。
三澤は近年、上野動物園の知られざる魅力をビジュアル化した「UENO PLANET」、銀座グラフィックギャラリーでの展覧会「続々」などを発表しています。
今回、デザインギャラリーで紹介する新作は、モノとモノ、モノと空間の間に生じる新たな関係性をミクロの視点から探る試みです。一枚の大きな板の上に収められた無数の小さな紙々。ひとつひとつ問いを置くように、考えを収めるようにしてつくられた微細な造形に目を凝らすと、大きな可能性の広がりが見えてきます。

続きを読む

金沢からお正月

7階 遊びのギャラリー
7階 和の座ステージ
2019年11月20日(水)-12月3日(火)<最終日19:00閉場> ※11月20日(水)-26日(火)は遊びのギャラリー併催

松屋銀座の恒例催事「金沢からお正月」は、今年で21回目を迎えます。十二支の最初を飾る「子」の年に、作り手たちが華やかに・晴れやかに競います。2020年の令和元年の新春に相応しく、金沢からお届けする新作の数々、ぜひご覧ください。

続きを読む

有馬和彦 展 -旅の手帖から-

7階 遊びのギャラリー
2019年11月27日(水)-12月3日(火)<最終日17:00閉場>

芸術の都・パリの街角、水面に映る運河の街・ヴェニス、白壁ととんがり屋根が可愛らしいおとぎの国・アルベロベッロ等々・・・、誰もが憧れるヨーロッパの美しい風景を、その端正なタッチで描き人気の油彩作家 有馬和彦。旅人の視点でありながら、そこに写実要素もにじませ独自の画風を展開します。特に夜景表現に秀でた新作、近作約30点余にご期待ください。

【有馬和彦 プロフィール】

  • 1954年 愛知県生まれ
  • 1980年 スペイン国立シルクロ・ベジャス・アルテスに学ぶ
  • 1989年 ギャラリー日比谷にて個展
  • 1993年 近美展(東京都美術館)
  • 1994年 パリ国際展(パリ市、日仏文化センター)
  • 1996年 オーストリア大使館賞受賞
  • 1997年 中美展(東京都美術館)新人賞受賞
  • 1999年 国際美術大賞展(東京芸術劇場)
  • 2003年 東京を中心に日本全国で個展開催
  • 松屋カード オンライン入会お申し込み受付中!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る