ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

松屋銀座の歴史

松屋の沿革

1869年(明治2年)
初代古屋徳兵衛 横浜石川町に鶴屋呉服店を創業(11月3日)
1890年(明治23年)
神田鍛冶屋町今川橋松屋呉服店を買収・継承し東京進出
今川橋松屋呉服店
1907年(明治40年)
松鶴マーク導入
今川橋松屋呉服店三階建洋風に増築、東京で初の本格的デパートメントストアに
デパートメントストア方式の外観を備えた日本初の建物
1919年(大正8年)
「株式会社松屋鶴屋呉服店」を設立
1923年(大正12年)
(関東大震災)
前年賃貸契約を締結した銀座ビルディングを含む主要店舗を焼失、店舗の一時帰休
1924年(大正13年)
商号を「株式会社松屋呉服店」と改称
1925年(大正14年)
銀座3丁目に銀座営業所(銀座本店)を開業(5月1日)
下足預かりの廃止・百貨店初カフェテリア式大食堂・ツーリストビューロー、安本亀八の活人形など。
「松屋百貨店店飾りの活人形を観るものの如し」(永井荷風『断腸亭日乗』より)
(百貨店は大衆化へ)
  • 開店当時の銀座本店外観
  • 溢れかえる人の波。中にはニュース映画の撮影隊も
1926年(大正15年)
本店を東京市京橋区銀座3丁目に変更
  • 送迎車を導入百貨店各社はサービス競争でこぞって導入した
  • モガファッションのエレベーターガール当初は履物を脱いで乗る人や料金を払おうとする人もいたとか
1929年(昭和4年)
銀座本店屋上に龍光不動尊安置
1941年(昭和16年)
(太平洋戦争勃発)
1945年(昭和20年)
(東京大空襲 敗戦)
1946年(昭和21年)
GHQによりPXとして銀座本店 全面接収
銀座では和光もPXとなり、松屋の接収は7年間続いた
PX(米軍売店)
(日本国憲法公布)
1948年(昭和23年)
商号を「株式会社松屋」に変更
1952年(昭和27年)
銀座本店接収解除
1953年(昭和28年)
全館新装オープン
モダンな外装に変身
1954年(昭和29年)
毎週木曜日定休開始
1955年(昭和30年)
グッドデザインコーナー新設
1964年(昭和39年)
銀座本店増築オープン
増床オープン
(東海道新幹線開業 オリンピック東京大会)
1978年(昭和53年)
新CI導入 松鶴マークから現行マークへ
新CI導入
第1次リニューアルオープン(以後3次リニューアルまで)新生松屋をアピール
1984年(昭和59年)
銀座開店60年「生活文化創造集団」松屋グループ企業理念へ
1988年(昭和63年)
定休日を木曜から火曜日に(「ハナモク」は流行語大賞銀賞)
1989年(平成元年)
銀座本店全面リファイン 「生活デザイン百貨店」をストアコンセプトに
創業120年
1997年(平成9年)
松屋ホームページ開設
1999年(平成11年)
創業130年 東京三菱銀行銀座通支店跡地を取得し銀座3丁目の銀座通り側が全て松屋銀座本店となる
2001年(平成13年)
リニューアルグランドオープン「ファッションと情報発信の松屋」を標榜
CIを刷新
2006年(平成18年)
LEDを埋め込んだ白い外壁完成
LEDの夜景 1,670万色が表現できる
2007年(平成19年)
毎日デザイン賞特別賞受賞(松屋銀座「50年を超えるデザイン啓蒙活動」)
2008年(平成20年)
第76回毎日広告デザイン賞準部門賞受賞「ずっと、銀座らしく」
「ずっと松屋らしく」ポスター
2009年(平成21年)
創業140年
「銀座、咲く。」ポスター
2010年(平成22年)
銀座開店85年 ストアコンセプト「GINZAスペシャリティストア」
銀座インズに「プチプチ マルシェ」オープン
2011年(平成23年)
デザインコレクション全面リニューアル
銀座三越との初の共同イベント 「GINZA FASHION WEEK」 開催
(東日本大震災)
2012年(平成24年)
屋上に百貨店初のwebラジオ放送局「ソラトニワ銀座」登場
東京ステーションホテル内に「松屋 東京丸の内」オープン
2013年(平成25年)
銀座本店グランドリニューアル
  • 松屋カード おかげさまで10周年!!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る