ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

社会・地域への貢献活動

社会への貢献活動

時代が生んだ新たな社会問題に対し、グローバルな視点と独自の手法で、課題解決に向けた取り組みを行っています。

チャリティーの実施

松屋は2008年度より、クリスマスチャリティーなどの企画でお客様からいただいた収益を、国際NGO「ルーム・トゥ・リード」に寄付しております。その寄付金は、様々な支援となって子ども達や女性の教育を支えています。

国際NGO「ルーム・トゥ・リード」とは?

「子どもの教育が世界を変える」を信念にアジア・アフリカで子どもの教育支援を行う国際NGOです。
2000年より識字教育と女子教育に焦点をあてた活動を続け2020年までに1500万人の子ども達に教育機会を届けることを目標としています。

子ども達への教育が世界を変えます。〜 識字教育プログラム 〜 子ども達には、自分の力で読み書きができ、他の人の気持ちを理解し、そして人生をかけて学び続ける、そんな大人になってほしいと「ルーム・トゥ・リード」は願っています。そのためには、時間をかけて、たくさんの活字に触れることが大切です。発展途上国では子ども向けの本が極端に少なく、一冊の教科書しか読むものがないという子ども達が大勢います。「ルーム・トゥ・リード」はそのような現状を変えるために、たくさんの本や学習教材を備えた図書館・図書室を増やし、安全で心地よい学習環境を子ども達に提供しています。
皆様のご支援が形となりインド、ネパール、ベトナムの小学校に図書室を設置することができました。松屋がこれまでに寄贈した7室の図書室は、それぞれ多くの生徒に利用され、途上国の子ども達の教育を支えています。
世界の貧困をなくすために女性への教育サポートが必要です。〜女子教育プログラム〜 世界の読み書きできない子ども達はおよそ2億5000万人。そのうち、3分の2が女性や少女です。「ルーム・トゥ・リード」の女子教育プログラムは、ただ単に学校を卒業させるだけではなく、少女たちが自分自身の決断によって人生を切り拓いていける人間に成長することを目指しています。教育をうけた女性は、健康的な家庭づくりや子ども達の教育をすすめ、HIV感染率の低減、賃金の上昇、読み書きできる次世代の育成へと、負の連鎖を断ち切ることができるのです。
皆様のご支援は女子教育プログラムにも活かされています。2017年春、女子教育プログラムを優秀な成績で卒業した、ラオスのケイソーン・ナオミサイさんが来日。松屋社員向けに講演を開催いたしました。講演ではラオスの過酷な生活実態を知ると同時に、その中でも女子教育プログラムの機会を活かして明るく前向きに生きるケイソーンさんの真摯な姿に感銘を受けました。女子教育プログラム卒業生 ケイソーン・ナオミサイさん ラオス南部サラバン県出身。幼いころに母親を亡くし、弟妹とともに祖父母に引き取られた彼女は、2007年より女子教育プログラムに参加し、成績最上位生として県の奨学金を受け、首都ビエンチャンにあるラオス国立大学に入学。2016年6月から「ルーム・トゥ・リード」のソーシャルモビライザー(女の子達のメンター)となり、次世代の少女たちに自信と希望を与えている。
(株)松屋は「ルーム・トゥ・リード」の法人パートナーとして支援活動を続けています。世界には約7億5800万人の読み書きのできない人々が存在し、小学校にすら通えない子どもが約5800万人もいます。親から子へと受け継がれてしまう貧困の連鎖は教育によって断ち切ることができます。子ども達にとって生涯の贈り物となる教育支援のために、(株)松屋は「ルーム・トゥ・リード」の法人パートナーとして活動を続けてまいります。2014年度、松屋の取り組みに対して「ルーム・トゥ・リード」より表彰状をいただきました。
皆様のご支援によりスリランカの言語のオリジナル絵本が誕生しました。皆様のご支援が子ども達と女性の教育に活かされています。その継続的な支援への感謝の形として、「ルーム・トゥ・リード」から、松屋の名前が入ったスリランカの言語のオリジナル絵本を作成いただきました。子ども達が大好きな海の生き物たちが繰り広げるワクワクのストーリー。皆様のご支援と松屋の活動への感謝をこめて誕生したオリジナルな絵本の世界。スリランカの子ども達に愛読されています。

子供たちの職場体験

NPO法人放課後NPOアフタースクールとの連動企画として、小学3年生~6年生の子供たちを対象に、「百貨店のお仕事体験」を実施いたしました。

百貨店の基本となるお辞儀や挨拶、言葉遣いを学ぶ「おもてなし講座」や、包装・リボン掛けを練習する「ラッピング講座」を受けた後、実際に店頭に立ち、各売場で接客応対や商品の補充、ディスプレイを替えるなどの百貨店業務を体験していただきました。

今後もこのような活動を通じ、お客様および次世代の方々にも愛される百貨店を目指してまいります。

地域への貢献活動

松屋は、地域社会との共生を念頭に、地域のイベントや環境美化運動、安全・防犯・防災活動に積極的に参加・協力しております。

  • ●各地域行事への協力
    (1)中央区観光商業祭、三社祭 など
    (2)毎月1回の地域クリーンキャンペーンへの参加
  • ●銀座通連合会、松屋通親交会など地元町会関係の事務局活動
  • ●地元警察署・消防署でのボランティア活動に参加

清掃活動

●銀座通連合会主催「銀座通り・晴海通りクリーン作戦」に参加

松屋は、年2回(5月、10月)に開催される「銀座通り・晴海通りクリーン作戦」に参加しています。
2013年10月に40回を迎えたこの取り組みは、1992年10月に銀座改修25周年を記念して実施されたものであり、以来、地域の振興と道路環境の美化活動の推進を目的に実施されております。

●「クリーンデー」の実施

松屋は、ほぼ毎月「クリーンデー」を設定し、清掃活動を行っています。
12月、8月を除く第二木曜日実施(年10回)。地域振興と環境美化に貢献しております。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る