ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

松屋の沿革

明治
1869 初代古屋徳兵衛横浜石川町に鶴屋呉服店を創業(11月3日)
1880 古屋組を組織、規則を制定
この頃より店員教育として積裁法の指導を実施
(婦人の洋服・ショール・黒襟・前髪流行)
1889 神田鍛冶町今川橋松屋呉服店を買収・継承し東京進出
1901 今川橋松屋呉服店舗改装、ショーケースを導入
(男物洋日傘・インバネス・パナマ帽・婦人ひさし髪流行)
1902 年俸を月給制度に変更
1906 初めて女子社員を採用
1907 松鶴マーク導入
今川橋松屋呉服店三階建洋風に増築、東京で初の本格的デパートメントストアに
初売りは「バーゲン・デー」の呼び名「○○デー」の元祖
1908 福袋売出し
1910 横浜鶴屋呉服店3階建洋館落成
1911 古屋藤八、二代徳兵衛を襲名
大正
1913 今川橋松屋呉服店和服裁縫部創設
(松徳学園東京ファッション専門学校の前身)
1918 今川橋松屋呉服店、洋服の注文販売を始める
1919 「株式会社松屋鶴屋呉服店」を設立
1923 (関東大震災)前年賃貸契約を締結した銀座ビルディングを含む主要店舗を焼失、店員の一時帰休
1924 横浜伊勢佐木町吉田橋に鶴屋呉服店開店
今川橋松屋呉服店新築開店
商号を「株式会社松屋呉服店」と改称
1925 銀座3丁目に銀座店開店(5月1日)
下足預かりの廃止・百貨店初のカフェテリア式大食堂やツーリストビューロー、安本亀八の活人形など
「松屋呉服店々飾りの活人形を観る者堵の如し」(永井荷風『断腸亭日乗』より)
(百貨店は大衆化へ)
昭和
1926 本店を東京市京橋区銀座3丁目に変更
1927 銀座4丁目に銀座別館落成(モボ・モガ出現)
1929 銀座店屋上に龍光不動尊安置
1930 吉田橋横浜店新築開業
(旧鶴屋呉服店を松屋呉服店と改称)
1931 浅草店開設開業(11月1日)
屋上スポーツランドは「○○ランド」の元祖
1934 横浜伊勢佐木町に株式会社鶴屋を設立(後に株式会社壽百貨店に商号変更)
1936 古屋惣八社長就任
1937 ㈱東栄商会設立
古屋祐次郎、三代徳兵衛を襲名
1938 三代古屋徳兵衛社長就任
1941 (太平洋戦争勃発)
1942 銀座店土地建物の所有権移転登記完了
1944 ㈱壽百貨店の店舗を当社横浜店とし開業
1945 (東京大空襲 敗戦)
1946 GHQによりPXとして銀座店・横浜店全面接収、戦災により浅草店
営業面積激減
(日本国憲法公布)
1948 商号を「株式会社松屋」に変更
1951 学校法人松徳学園設立認可
1952 神田今川橋の土地を売却 銀座店接収解除
1953 銀座店全館新装開店
横浜店接収解除 全館開店
全松屋労働組合結成
1954 毎週木曜日定休開始
1955 社内報「松屋通報」創刊
銀座店にグッドデザインコーナー新設
1956 ㈱みずほ設立(㈱アターブル松屋ホールディングスの前身)
銀座店に空中エスカレーター完成
1957 松屋通り完成
1960 浅草店屋上にコドモ動物園誕生
1961 ㈱松美舎設立(㈱シービーケーの前身)
銀座店1階正面の床石に2億年前の巻き貝(学名 ベレロフォン)の化石が浮き出る
1964 銀座店増築開店(3丁目1区画全部の大きさになる)
(東海道新幹線開業 オリンピック東京大会)
1969 創業100年
1970 ㈱船橋松屋開店
1971 資本金を19億2000万に増資
東証第一部に株式上場
銀座コアオープン
1973 松屋主宰の「エコー」と伊勢丹主宰の「十一店会」が合併しA・D・O(全日本デパートメントストアーズ開発機構)発足
1974 古屋龍太郎社長、古屋徳兵衛会長 就任
㈱船橋松屋閉店
1976 無配 横浜店閉店
1978 新Cl導入
松鶴マークから現行マークヘ
銀座店第1次リニューアルオープン(以後第3次リニューアルまで)新生
松屋をアピール
1979 山中鏆社長就任
1980 「グローバル松屋」プラン発足
1981 復配
古屋徳兵衛(三代)勲二等瑞宝章受章
1982 松屋従業員持株会発足
1983 「多特化大店」構想
1984 銀座開店60年「生活文化創造集団」松屋グループ企業理念へ
(銀座・有楽町百貨店戦争始まる)
1986 増配 ㈱エムアンドエー設立 取引先持株会発足 株式時価発行
資本金を44億7000万円に増資
1987 「東京大神宮マツヤサロン」開店
米ドル建新株引受権付社債を発行
1988 定休日を木から火曜日に(「ハナモク」は流行語大賞銀賞に)
㈱東京生活研究所設立
平成
1989 銀座店全面リファインマーク導入
ストアコンセプト「生活デザイン百貨店」
創業120年 古屋勝彦社長就任
(消費税3%導入)
1990 ㈱スキャンデックス設立 専門店事業スタート
1991 銀座店銀座駅への地下通路完成
1992 ノウハウ提供により台湾台中市「中友百貨店」オープン
㈱松屋友の会設立
1994 古屋勝彦社長フランス国家功労賞オフィシエ受章
1996 転換社債発行
1997 松屋ホームページ開設
(消費税率5%に)
1998 ノウハウ提供により韓国「LG百貨店」九里店オープン
㈱エムジー商品試験センター設立
1999 古屋勝彦社長ノルウェー王国功労勲章騎士一等勲受章
東京三菱銀行銀座通店跡地を取得し銀座3丁目の銀座通り側が全て松屋銀座店となる
2001 銀座店リニューアルグランドオープン「ファッションと情報発信の松屋」
を標榜
CIカラー「ブルー」から「ホワイト」へ
ノウハウ提供により台湾台北市「京華城リビングモール」 オープン
2002 銀座店にギンザエル新設
2003 古屋浩吉社長、古屋勝彦会長 就任
商標(松屋)の貸与とノウハウ提供により台湾新竹市「風城松屋百貨」オープン
松屋ポイントカード発行
2005 新顧客分析システム導入
銀座店 レストランシティGINZAリニューアルオープン ギンザビューティーオープン
2006 (株)アターブル松屋を会社分割し、(株)アターブル松屋ホールディングス及び6つの事業会社からなる持株会社体制へ移行
銀座店外壁耐震工事完成し外装一新
商標(松屋)の貸与とノウハウ提供により台湾嘉義市「耐斯松屋百貨」オープン
2007 「エノテカピンキオーリ」を名古屋ミッドランドスクエア42階にオープン
銀座店屋上緑化計画
秋田正紀社長就任
2008 ㈱シービーケーが㈱エムアンドエーを吸収合併
執行役員制度の導入
イッタラ日本初の路面店「イッタラGINZA」オープン
2009 創業140年
銀座店2階インターナショナル雑貨フロアへリニューアルスタート
2010 無配 ストアコンセプト「GINZAスペシャリティストア」
浅草店地階、1階、3階の3フロア体制に
銀座インズに「プチプチ マルシェ」オープン
2011 銀座店デザインコレクション全面リニューアル
銀座三越との初の共同イベント 「GINZA FASHION WEEK」 開催
(東日本大震災)
2012 銀座店屋上に百貨店初のwebラジオ放送局「ソラトニワ銀座」登場
公式フェイスブック(松屋銀座グルメ)スタート
東京ステーションホテル内に「松屋 東京丸ノ内」オープン
(東京スカイツリー竣工)
2013 ㈱東京生活研究所解散
銀座店7階に「美と健康」ゾーンを新設
東京ファッション専門学校創立100周年
銀座店屋上に美しくなるビアガーデンBeer&BBQ&Bar Terrace@888オープン
銀座店グランドリニューアル
2014 銀座店地下1・2階 GINZAフードステージリニューアル
2015 銀座店5階紳士フロアリニューアル

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る